2005年06月16日

シンプル好き

2e08b15c.JPG「北東北のシンプルをあつめにいく」堀井和子著を読みました。
先週、BOOK 246でこの本を見つけ、パラパラめくってみたらシンプルで綺麗な写真が多かったので買ってみました。写真や絵が多くないと本が読めないものですから。
実際読んでみると前半は主に秋田の食べ物について、後半は秋田や岩手のシンプルな日用品などが紹介されていました。
前半の食べ物のくだりは、堀井さんのお母さんが作る秋田の郷土料理を愛情たっぷりに紹介しています。もうべた褒めです。秋田の料理ばっかりなんですけどね。
金萬という焼き菓子がおいしそうです。山菜もこれでもかっていうくらいに何度も勧められるので、洗脳されて「ちょっと食べてみようか」ぐらいの気持になります。

でも確かに東京はなんでも簡単に手に入りますが、本当に良いものって案外いなかの方にあったりするものなんでしょうね。北東北に限ったことではありませんがみなさんのふるさとにもきっと本にできるぐらい素敵なものがたくさんあると思いますよ。ってことでまとめてみます。
シンプルな暮らしが好きなあなたは読んでみるといいかもしれません。

klalog at 22:41│Comments(2)TrackBack(1)書籍 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 野菜中心の食事  [ ちいさな発見たち ]   2005年07月03日 02:25
ここ一ヶ月ほど、野菜や豆類を中心とした食事を心掛けています。 きっかけは、秋田で立ち寄った食堂。 値段はいいのに、質素なメニュー。さほど期待しないで‘とろろ定食‘を頼みました。ごはん、味噌汁、とろろ、なめこ、山菜の煮物、アスパラガス、木の実、漬物で、肉

この記事へのコメント

1. Posted by SPOON   2005年06月22日 23:08
読んでみました。
「やっぱ愛があるのよねー」なんて自分勝手に解釈したりしてますが。
2. Posted by klala   2005年06月23日 12:11
spoonさん
こんなにおいしそうな料理ばっかり作ってくれるなら頻繁に帰りたくなりますよね。東京で味がついたものばかり食べてるので素材の素の味に惹かれます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔