2008年09月25日

北欧紀行 その4 コペンハーゲンからストックホルムへ

ce7f2ec8.jpg
この日は朝から雨の音で目が覚めた
今日はマーケットなのに…と思ったけど気を取り直して
早めに朝食をとって準備します
もし雨で中止ならアマーブロの屋内蚤の市に行けばいいと思い、
とりあえずチェックアウトし荷物だけ預けてホテルを出ました
歩いているうちに大分雨が弱まってイスラエル広場に着いたときにはすっかりやんでいました
雨のせいか会場は人もまばらでテントも少ない
そのうち集まってくるだろうとぶらぶらしながら時間をつぶします

さて商品も出始めたので買い物を開始します
蚤の市での出品者との駆け引きは楽しいです
値段の交渉は積極的にしてみてください
まとめ買いでその交渉はよりスムーズになります
これもこれもあとあれも買うから全部でいくら? 
全部で100DKKになりませんか?
安く買えるにこしたことはないがあまりしつこく値引きを求めるのもアレなのでお互い気持ちのいいところにとどめましょう

時間とともにぼちぼち出品者も増えてきました
まとめて交渉するのでめぼしい出品者の荷解きが全て終わるのを待ちます
僕らが興味あるものと現地の人達の興味があるものは違うらしく
ほっといても売れてしまう気配はありませんでした
のんびり全ての商品が出そろうのを待ちます
おかげでいくつかの掘り出し物を見つけることができました
あいにくの天気でまばらなマーケットだったが収穫はそこそこです
その日は12:30のX2000で移動なのでそんなに時間がないし
時間も押しているので屋内マーケットは諦めて中央駅に向かうことにしました

駅についてから昨日買い忘れた商品がどうしても頭からはなれず
荷物を相方に託してそのアンティークショップへ向かいました
電車の時間が迫っているので走っていきましたが、そのアンティークショップはまだ営業していませんでした
というかそもそも今日営業するのかどうかもわからない
上のテナントの人に聞いてみたがやはりわからないという
結局ぎりぎりまで待ってみたものの店主が来ないので諦めて駅に戻りました
どうしても欲しかった商品はラタンのカゴに車輪が着いたゆりかごです
すごく安かったのだけど見つけたのが朝だったので、その日一日そのゆりかごを持って歩くのかと思うと一度は諦めたのですが、その日はそれを超えるアイテムは結局出現しませんでした
ここが日本だったら良かったのだけど、今日離れるコペンだと思うと急に惜しくなったのです
買い逃したものは大抵そういう運命です
やっぱりピピッと来た時が買い時ですね

さて駅に戻ってみるとX2000のホームは通常の乗り場からさらに500mほど先にあることが判明して、慌てて荷物を持ってホームに向かいました
X2000の車体は薄汚れていて思ったほどきれいではありませんでしたが、これからの旅を思うと少しわくわくします
IMG_2709

中に入ると落ち着いた雰囲気です
グレーのシートと木の肘掛けが北欧らしく
飛行機の狭いシートとは大違いのゆったりしたシートに満足(そのときは…)
アナウンスもなくいきなり電車は出発するので注意
発車間もなく列車は橋を渡りスウェーデン-マルメに向かいます
海の中に風車がいくつも並んでいるのが見えました
IMG_2713

車内では食堂車を利用できます
車内販売は結構おいしそうなメニューもあり
サンドイッチと水を買いました
マルメで電車は折り返し運転をし進行方向が逆になります
どうも後ろ向きに進むのが苦手なのでよかった
X2000は時速200kmで走ります
新幹線に比べれば遅いのですが、新幹線と違って線路がガードされておらず
普通の野山を200kmで疾走しているのです
そばには牛やらがゴロゴロしているし、あの牛たちが線路に立ち入ったりしたら大変だなと思いながら車窓からの景色をぼんやり眺めていました
意外に楽しみにした程、北欧らしい開けたダイナミックな景色がありません
そして近くを通り過ぎる木を見ていたら気持ちが悪くなってしまいました
しかもX2000は振り子式列車を採用していると知り合いの鉄道マニアから聞いていたのですが、どうやらそのおかげでカーブでもほとんど減速なしに通り抜けられるらしいのです
そのせいか小刻みなカーブがやたら多くまるでジェットコースターに乗っている気分です
ジェットコースターと違うのは密閉した空間の中…
時計をちらっとみたらあと2時間以上もある
相方を見たら完全にダウンしていました
そこから先は景色どころではなく完全に地獄です
電車で酔うとは思わなかったので酔い止めを飲んでいなかったのは不覚でした
それにしてもこっちの人達はあの揺れの中ずっとパソコンや読書をしているのです 信じられない!
そんなこんなでやっとの思いでストックホルムに着きました
なんとなく風邪っぽい 
電車酔いしたのは多分それもあったのかもしれない
あろうことか薬を忘れたので、ストックホルムの駅で親切な日本人親子に風邪薬を分けてもらいました

駅からはすぐにホテルに向かいます
クララ教会を抜けてすぐ先のセルゲイ広場近くのホテル
近々日本上陸のH&Mが密集しているストックホルムの繁華街の中にあります
ここはマーケットの会場が近くだったので選びました

ぱっとしない天気だったし、とにかく気分が優れないのでさっさとチェックインを済ませて楽になりたい気分でした
その日はなんとかもう一度駅に行きメトロカード72Hを買い
さっさと眠りについたのです

この日は体調不良で写真も少なめです



klalog at 22:08│Comments(0)TrackBack(0) | 北欧

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔